ANiMiX『ファインダーの標的』キャストインタビュー

[対象者](敬称略)
秋仁/柿原徹也 麻見/黒田崇矢
蘇芳/三宅健太 桐嶋/川原慶久
コウ/平川大輔 飛龍/飛田展男
タカト/立花慎之介 山崎刑事/石井康嗣 

――アフレコを終えての感想をお願いします。
柿原)今回初めてANiMiXという、アニメーションに近付いた形でやらせていただきました。キャラクターがより近くに感じられて楽しかったです。絵が動くっていいですね。
黒田)CDドラマ以外にも、こういう風に発展してきたのはとてもうれしいですね。キャラクターの絵もカッコいいし。麻見のような綺麗な男に声を入れられるのはすごくうれしいですね。
聴いている方に声を入れてる人間もそうかもしれないって思っていただきたいですね(笑)。
三宅)視覚的な情報が多いと想像もつきやすいというか、わかりやすくなって、お芝居が立体的になるのかなと思いました。今回のANiMiXは原作の漫画に色をつける手法でしたが、結構動いてましたね。チョイチョイ動く感じが昔のアニメーションみたいで、「止め」でいかに魅せるかというのがおもしろい演出だなと思いました。楽しみながらやらせていただきました。
川原)今回色がついて絵が動いたことにより、自分のお仕えしている麻見様がいかにカッコいい男かというのを再確認致しました。この調子でANiMiXを見ていただいてる方々もいかに黒田さん……いや、麻見様がカッコいいかということを再認識していただけたら幸いにございます。更に動画枚数が増え、この世界がどんどん広がっていくことを期待しております。
平川)アニメとドラマCDの間のいいとこ取りって言うんですかね。全部動いてるわけではないので、見てくださる方、聴いてくださる方が想像を広げられる部分を残しつつ、カラーで動く場所もあって…と、楽しみ方が増える新しいメディアだと思います。最初「ANiMiX」について「どういうものなんだろう?」と不思議に思ったんですけど、実際に見て「こういう形で来ますか!?」と、とても新鮮に演じさせていただきました。収録自体も楽しかったです。
飛田)前にドラマCDでやらせていただいたときは当然絵はなかったんですが、今回は絵に合わせるのがすごく新鮮でしたね。自分のキャラクターもですが、麻見や秋仁など他のキャラの様子も見ながら出来ましたし。絵もすごく綺麗だったので、身が引き締まる感じがして、とてもうれしかったですね。
――今回は広東語の収録もありましたが、いかがでしたか?
飛田)飛龍は日本語も喋れる設定にはなっていますけれども、異国の人である説得力というか、ミステリアスな部分に味付けができたかなと思います。キャラクターの色や雰囲気を出す助けになっていれば、がんばった甲斐があったかなと。いや、でもなかなか大変でした(笑)。
立花)今回、秋仁の一友人…親友というか、すごく秋仁に近い立ち位置の友達・タカトをやらせていただきました。今時のはしゃぎ好きな若者がワラワラッといる中に、気持ち大人な役割でタカトがいるのかな、と思いましたね。もちろんノリがいい面もあるんですけど、面倒見が良いところを匂わせながら演じさせていただきました。
石井)絵があると迫力があってすごいなと思いました。山崎刑事はこの作品の中でも理解しやすい役なのでやりがいがありました。

――「ANiMiX」というメディアを見ての感想をお願いします。
柿原)限りなくアニメーションに近いANiMiXの作り方は、今後増えていくんじゃないのかなって思わせるようなものでした。CDドラマはCDドラマの演じ方や楽しみ方があるんですけど、ANiMiXは絵があるので感情移入しやすかったりと、別の楽しみがありました。
――ANiMiXは原作の漫画をトレースして作っているので、絵が崩れることもなく、ファンの方に綺麗な絵で見ていただけるというのがポイントですね。
黒田)そうですね。崩れるくらいなら、この手法がいいですよね。プラス、つまらない作品はANiMiXにしてもおもしろくないと思うので、そう簡単にやってもらいたくないな、とも思います。作品を吟味してやってもらえたら、ANiMiXはいい方向に向かってくれるのではないかなと思いました。
三宅)アニメの動かし方は、このくらいがいいんじゃないかなと思いました。スッと立っている麻見や秋仁が美しかったです。ファンの人達にとって一番イメージを壊さない形での表現の仕方なのかなという気がして、斬新だなと思いました。
川原)『アニメ』と『漫画』の融合でANiMiXという名前が付いてると思うんですが、『漫画』の部分をANiMiXのタイトルの中に入れなかったのはなぜだろうと、一生懸命考えました。じゃあ、『漫画』のところをどこかに入れるとしたら、『アニマンミックス』なのかなって。
一同)爆笑。
川原)…ここカットしていいですか!? この話はなかったことに!
柿原)『アニマンミックス』ってちゃんと書いておいてください。
一同)爆笑。
平川)さっきカッキーが「ドラマCDと演じ方が違う」と言ってましたけども、ドラマCDともアニメーションとも違う第三の演じ方の模索が必要な、新しいジャンルが産まれたなと思いました。僕ら役者陣にとってもすごくチャレンジのしがいがあると思いましたね。あと、ドラマCDを原作を見ながら聴かれる方もいらっしゃると思うんですけど、次のページにいきたいのに音が追いついてこないとか、逆にもっとここのシーンを堪能していたいのに、「あ~もういっちゃった」ということもあるかもしれないじゃないですか。でもANIMIXならやまね先生が描かれた絵から音が出てくるので、一番正しいというか、読者の方が入り込みやすいスピードで提供してくれるものだと思うんですよね。先生がお考えになっていたであろうスピード感で楽しんでいただけるものができるんじゃないかな、と思う次第でございます。
飛田)漫画って読む人の間(ま)があると思うんです。セリフや絵を読み手の人が味わって、思い入れを深くしていく部分があるわけですよね。このANiMiXは原作を読んでくださっていた方が、新しい発見や新鮮さをもって触れてくれるものじゃないかなと思います。その辺りが演じていてすごくおもしろいし、お客様もきっとドキドキしながら見られるんじゃないかなと思いますね。しかも、絵がすごく綺麗なので本当に感動しました。練習用にいただいたディスクも見ていて全然飽きなかったです。絵だけでもそう思ったのに、それに声が入って、SEや音楽が入ると更に世界が広がるんじゃないかなと思いました。全然別な「ファインダー」の世界が生まれるんじゃないかっていう感じがします。声と音楽と効果音でかなり幅が広くなって、世界が熱いものになると思いますね。
立花)最初、普通のアニメーションみたいな感じかなと思って家で資料を見たんですけど、次第に「あれ、なんか違うなぁ」と思いました。まず、家で資料を見たときに色が全部付いているのが昨今のアニメとしては衝撃的でしたね。大抵アフレコの時には色が付いてないことが多いので、それを覆すクオリティの高さにスタッフさん達の気合いが垣間見れるなって思いました。漫画のコマをアニメーションのように作っているというお話しを聞いたんですけども、かといって、パラパラ漫画や紙芝居というわけでもなく。口パクがあったりアニメーションになっている部分もあって、アニメーションと漫画の間みたいな、そんな感じを受けましたね。「あ、新しいやり方だなぁ」というのはすごく感じました。これを見て皆さんの反応がどうなるのか、僕も気になるところですね。僕としては新しいおもしろい試みで、これから増えていくと良いなぁと思いました。
石井)アニメになると原作の方じゃなく他の方が絵を描かれるわけですよね。原作に親しんでいる方にとっては見慣れた絵で動くというか、映像として見られるというのはすごくいいことなんじゃないでしょうか。そして、そこに音が入った時に「ちょっと違うぞ」っていうおもしろさを感じてもらえればいいなと思います。

――3話目の「ラブサプライズ」では麻見が裸で寝ていましたが、皆さんはどのような寝巻きで寝られますか? また、お気に入りの寝巻きなどありますか?
柿原)僕はスウェットです。夏場はスウェットにTシャツ、春秋はTシャツに何か羽織っています。部屋着で寝て、たまにそのまま現場に行ったり(笑)。
平川)今日来ているのは車着?
柿原)車着です。車の中にもいろいろ入れてるんで、車の中で着替えることもありますね。
――スウェットがお好きなんですか?
柿原)大好きですね! 超ラクです。たぶんこの業界で、こんなにスウェット履いてる人って他にいないと思います。
――何着ぐらい持ってらっしゃるんですか?
柿原)40着ぐらいですかね…? 色はグレーや黒から、ピンクとかもあります。
黒田)俺は常にキメてますから。
平川)シルクのパジャマ?
黒田)シルクかガウン。そういうので寝るか、それか…たまにですけど、たまーにですけど…ユニクロのフリース。
一同)爆笑。
平川)落差!!!
黒田)冬場はユニクロのフリースをどうしても着てしまうときが、たまーにですけどありますね。

三宅)春夏秋冬、Tシャツと短パンですね。真冬でも。基本家にいるときはそれ以上着ることはないですね。家の中に入った瞬間にTシャツと短パンになります。あと、風呂上り2時間は服着ないんで、すっぽんぽんです。
一同)え─────!!
――冬は寒くないんですか?
三宅)風呂上がりですっぽんぽんで缶ビールなんか飲んでて、ちょっと汗が出るじゃないですか。最初は「寒いな~、でもまだまだいけるな~」って感じなんですが、そのうち汗が「冷たっ!」ってなってきたところでTシャツを着ます。
――風邪は引かれないんですか?
三宅)あまり引かないですね。本当は今こうやって服を着ている状態がストレスなんです(笑)。
川原)服を着てること自体が…。
柿原)(笑)。
三宅)一年中、掛け布団も一枚ですし。
平川)開放されたいんだ(笑)。
三宅)開放されたい!自由でいたい!!
一同)爆笑。
平川)川原さん、次お願いします!
川原)ハードル上げすぎですよね(笑)! 僕も基本的には三宅さんと同じで寝る時はシャネルの5番しかつけないって決めてるんですけど。
一同)笑。
川原)人間ってセクシーさを失ったら生きていけないと思うんですよ。だから自分を高めるために、人が見ていないところでもセクシーさを保とうかと思いまして。なら、裸しかないかなと! 部屋は壁一面ガラス張りにしておきまして、いかなるときでも自分が見られる状態で裸をさらす。そして、自分の姿を見て、ここは弛んでるなってところを鍛える方向です。大体寝る時は裸で、身につけるのはシャネルだけみたいな。…まあ嘘なんですけども。
――本当のところはどうなんでしょう(笑)?
川原)作務衣とか。
柿原)普通にカッコいい。
川原)生地がすごく楽なんですよ。薄いし。夏場は作務衣で冷房もかけずにうちわをパタパタ扇いで、枝豆とビール飲んだりして。冬場はちゃんちゃんこみたいなのを着て…。
三宅)そっち最初に言えばよかったのに(笑)。
平川)僕の場合、夏場はTシャツにハーフ丈のジャージで、冬はロンTに普通のジャージです。それでコンビニにもちょっと行けますよ、ぐらいな感じで。ほんと部屋着ですよ、部屋着のまま寝てます。
黒田)そのままコンビニ行くんだ。
平川)行きますね。休日は人様にあまり見せられない姿ですけど、見ず知らずの人ならまあいっか、みたいな。
黒田)俺は外にゴミを出すときも着替えるよ。
一同)え~!!!!
川原)着替えるんですか!? ちゃんと!
黒田)着替える。
川原平川)かっこいいっすね!!
三宅)俺、上半身裸で何回もゴミ出しに行ったことあります。
川原)三宅さんは自重しましょうよ。ほぼ裸の状態でゴミを出しに行くのはアウトですよ。
三宅)すみません…家の目の前だったので、つい。
川原)ゴミ捨て場が近かったらありなのかもしれないですけど…。
黒田)俺、家の前でも。
川原)家の前! それこそ一分以内に戻れるわけじゃないですか。それでも着替える!?
黒田)着替える。
平川)で、お家に戻るとまた部屋着に着替えるんですか?
黒田)着替える。一時期常にスーツだった時はコンビニ行くのもスーツに着替えてた。
一同)はぁ~(感嘆)。
飛田)普通に売っている上下の前でしめるタイプのパジャマです。僕は仕事柄首を冷やさない方が良いと言われているので、タオル1枚を首に巻いたり乗せたりして気をつけていますね。寝巻き自体で気にするのは肌触りですかね。フワッとしたガーゼやタオル地のようなものの方が楽ですよね。あと、被るタイプのパジャマだと首の周りがきつかったりするので、首周りは多少ゆったりしてる方がいいという理由で、どうしても前をボタンで開け閉めするタイプになりますね。あとは、体を冷やさないという意味で腹巻も必ずします。
――夏場もですか?
飛田)そうですね。夏場はタオルケットを掛けていても剥いでしまうので。体が冷えてしまうのはよくないので、寝るときは必ず腹巻きをしますね。
――体に気を使ってらっしゃるんですね。
飛田)他の連中はまだ若いからなんでしょうけど(笑)! そのうちそんな無茶が出来なくなってきますよ、絶対に!
立花)とりあえずパンツは履きます(笑)。あと、厚着は基本的にしないですね。布団が羽毛とか温かいものなので、厚手のパジャマを着ると暑くて寝苦しくなってしまうので。冬はヒートテック一枚とパンツだけで寝るときもあるし。この不恰好さ、みたいな(笑)。上は長袖なんだけど、下は短パン以上に短いみたいな。寒いときは下に一枚パジャマみたいなものを履いたりもしますけど。夏は、最近はあんまり着なくなっちゃったんだけど、昔は浴衣みたいなものを着てました。もともと日本舞踊をしてたので、着物や浴衣はたくさん持っているんです。まあ、浴衣を着て寝ると大抵朝はもう着てないですが(笑)。あれを着たまま寝られる人を見たことがないですけどね。総じて言えば結構薄着な感じだと思います。
石井)ジャージです。すみません色気のない答えで(笑)。下がジャージで上がTシャツです。冬だとトレーナー。
――部屋着兼パジャマという感じですか?
石井)そうですね、家に帰ったら部屋着兼パジャマでいつでも寝られるような感じです。
――みなさん、ありがとうございました!