HOME > BE・BOY GOLD > BE・BOY GOLD 2012年6月号

[隔月刊コミック誌]ちょっとやそっとじゃ足りない貴女へ!!

BE・BOY GOLD 2012年6月号

GOLD1206
抱きしめたい!が止まらない。
発行:2012年4月28日 定価:690円(税込)
表紙:新田祐克 ピンナップ:さいとうちほ

新田祐克、やまねあやの、Guilt | Pleasure(咎井 淳 原作/Narcissus)、かゆまみむ、池 玲文、麻生ミツ晃(原作/木原音瀬)、大和名瀬、みなみ遥、環 レン、車折まゆ(原作/Nitro+CHiRAL)、藤井あや、かんべあきら、キヅナツキ、椎名秋乃、天城れの、佐藤秀峰、他豪華執筆陣!


掲載作品

ラブ・タンカー

新田祐克

gold1206face1 試し読み
大河ドラマで岩城演じる信長ブームの中、香藤に対し同じ役柄でのリメイクの企画が浮上! マネージャーの金子は乗り気だが当の香藤は一向に首を縦に振ろうとせず!?

プレイ イン アビス

やまねあやの

gold1206face2 試し読み
麻見のことが気になって仕方がない秋仁は、張り込み中のところを見つかってしまう。そこにいた人物とは…? 大人気シリーズ堂々連載中!

LOVE♥アロマ♥BODY

みなみ遥

gold1206face3
杵塚の強引なマッサージで昂ぶったカラダのまま、藍羽の手を求めて「イカせてほしい」と口走ってしまった葉月。無意識の行動に、自分の気持ちを自覚した葉月は…!?

バンフォード侯爵家の執事

池 玲文

gold1206face4
「今夜、仕事を終えていたら、相手してやる」グレアムのその言葉にしがみつき、必死で仕事を終えたアレックス。ところが思わぬところで邪魔者が現れて…。

最恐教師 ~教師も色々あるわけで~

大和名瀬

gold1206face5
元ヤン教師の井吹とラブラブなシングルファザー藤田。目下の悩みは、独占欲の強い井吹に財布やケータイをチェックされること。しかも同窓生に会うのも渋られてしまい…。

シメコロシノキ

キヅナツキ

gold1206face6
ある日、雀荘でアキが再会した男。それは、幼い頃、学生時代…そして今も、アキの人生を揺るがす、あまりに濃い縁の相手だった…。シリーズ開始!

アウトライン

かんべあきら

gold1206face7
歪んだ想いを寄せる青年・結城にムリヤリ抱かれたハルカ。傷ついたココロで向かう先は…!?

彼の食欲×性欲×所有欲

かゆまみむ

gold1206face8
"毎朝見ている"同じクラスの蔦が、先輩(男)と抱き合っている姿を見た高梨は…!? 学園内で「食欲」「性欲」「所有欲」が吹き荒れるエロス・ブラッディ連載!

不器用なコラージュ

椎名秋乃

gold1206face9
恋人と別れてヤケになった赤嶺は、酔って見知らぬ男とヤッてしまった! 「全部忘れよう」…そう思っていた矢先、その男が職場の同僚として現れて…!?

In These Words

Guilt | Pleasure (咎井 淳 原作/Narcissus

gold1206face10
12人殺害の容疑で警察に捕まった男・篠原。精神科医・浅野は、男から無理矢理犯される悪夢を見続けている。しかし篠原の会話で彼が発した言葉に…?

ビッチエンジェル

藤井あや

gold1206face11
魔性の先輩・崎谷が気になる村上くん 飲み会の場でムラムラしちゃって…!? 「先輩! 乳首触らせてください!」

二人のマハラジャ

環 レン

gold1206face12
ラージェンドラとヴィシャ、ふたりのマハラジャに恋われ翻弄される真矢の選ぶ道は――? エキゾチック・ラブ最終話!

COLD LIGHT

麻生ミツ晃 原作/木原音瀬

gold1206face13
恋人関係になることをかたくなに拒否する藤島に、今のふたりの時間を重ねて愛を育むことにした透。一方藤島は窓の外の雨に昔の透との思い出を呼びさまされて……。

超★必死屋DAY

天城れの

gold1206face14
売れっ子作家になりたいレノレノが、今回教えを乞うのは大人気作家・佐藤秀峰先生! 緊張に震えながらも「売れる極意」を聞きだすレノレノであったが・・・!?

必死屋DAY!によろしく

佐藤秀峰

gold1206face15
「ブラックジャックによろしく」「特攻の島」などで大人気の漫画家・佐藤秀峰先生による、必死屋ゲスト漫画!

sweet pool

車折まゆ 原作/Nitro+CHiRAL

gold1206face16
哲雄の家で勉強を教えてもらうようになり、哲雄の穏やかな一面に心を許し始めていく蓉司。一方、そんな蓉司に対する睦の様子が以前とは何か違っているように感じ――?

<BE・BOY GOLD 2012年4月号BE・BOY GOLD 2012年8月号>

このページのトップへ