ドラマCD「カーストヘヴン3」
キャストインタビュー

第1弾 古川 慎さん&榎木淳弥さん

左:古川 慎さん/仙崎
右:榎木淳弥さん/巽

――収録の感想をお願いします。またドラマCD第3弾ということで、意識したことや変化したこと、楽しみだったことなどありますか?

榎木)

前回の出演がドラマCD1巻なので、3年ぶりの登場になるんですが、以前のお芝居に合わせるというよりは、今回の3巻では、巽の心情や過去がしっかりと描かれているので、その心情に沿ってお芝居するほうが聴いている方には伝わると思い、演じさせていただきました。
巽は、本心で言っていない言葉や、自分自身を抑圧しているセリフが多いので、心の底から言っている仙崎との絡み部分との差は意識して演じましたね。

古川)

僕は初参加だったので、収録にあたり「カーストゲーム」の説明資料などを頂いたのですが、こんなに細かい階層や、カースト毎の役割がちゃんと設定されていて驚きました。その上で、階層を決めるカードを暴力によって奪うことができるとか、設定に対していろんなことができる部分もあって、お話自体とても面白いと感じました。
何よりもキャラクターそれぞれが抱えているものが、重たいし大きいですよね。巽くんだったら、自分がどこにあるのかがわからない…でもだからこそ本当に愛してくれる者の前では、本当の自分が見つけられる気がして、仙崎に溺れてしまうところがあったり…。仙崎は自分のことを見てくれる人に圧倒的な憧れというか、求めている気持ちがあったりして…、ボーイズラブということだけじゃなく、多くの人が楽しめる作品だと思います。僕自身もたいへん勉強になりましたし、身になりました。

――ご自身が演じたキャラクターの感想をお願いします。

榎木)

巽は家庭環境のせいもあって、優等生でいなきゃいけないという面と、それとは反する、どこかその世界から抜け出したいという面を持っていたので、意外と共感してもらいやすいキャラクターなんじゃないかと思っています。作品の設定はカースト制度があったりして特殊ではありますが、巽には僕自身も共感できて、やりやすかったです。

古川)

トークCD(リブレ通販特典)でも触れたのですが、最初原作を読んで感じた仙崎の属性は「悪」で、なかなかにクレイジーな奴!という印象でした。でも仙崎を知るうちに、初めて自分をまともに見てくれた巽に興味を持ったし、どんどん惹かれていったんだなぁと…。そうやって仙崎の心境を鑑みていくと、すごく純粋なのが分かってきて、結構複雑な精神構造をしている仙崎くんではありますが、精神年齢はそこまで大人じゃないんだなという印象に変わりました。
収録を振り返って思うのは、仙崎は母が欲しかったんじゃないかなと…。母的な存在、甘えられる存在、自分を受け入れてくれる存在、というものに仙崎自体が憧れを持っていて、絶対的に甘えられる巽を求めているところもあったんじゃないかと、アダルトチルドレンじゃないですけど。仙崎は平然とヤバいこともやっちゃえる部分がありつつも、可愛く見える部分もあって、内面構造を考えていくのが大変楽しいキャラクターでした。

――「ズバリここが聴き所!」というオススメのポイントを教えてください!

榎木)

やっぱり尿道に棒を刺されるところですかね。

古川)

大好きじゃんもう、ブジー大好きじゃん。

榎木)

あそこの息は難しかったです。なにしろ経験がないので。でも、思い切って演じたので、ぜひ聴いてほしいです。

古川)

僕はですね、巽くんが、独り言を言っている仙崎と初めて遭遇してしまった時ですね。仙崎がずーっと独り言を言っていて不気味に聞こえたのか、榎木くんの芝居が「ピアスそこに置いておくね」って言ったその「ピアス」っていうのが、めちゃくちゃ引いてたんです。

榎木)

いや本当に気持ち悪くて(笑)「もう、こいつやべえ、関わらない方がいい」という言葉が脳内に響き渡るくらいめちゃくちゃ引いてしまいました。本番は大丈夫だったんですけど、テストのとき笑っちゃって。僕基本こう演じようってあまり考えすぎずに、全部相手のセリフを受けて演じるようにしてるんです。だから、ああなっちゃいました。

古川)

まぁ、まともな人だったらね、そうなるんでしょうね、うん。

榎木)

でもそっからね、巽は「うっ」となりつつも、仙崎が気になったということで。完全に引いちゃいけないとは思ったんですけど、僕自身はドン引きしていました。

古川)

絶妙なところいったんですね。外っ面は引きながら、実は内心求めているみたいな。針の穴を通すようなコントロールでお芝居をされたんですね。

榎木)

そう思って聴いていただけるとありがたい。

――「カーストゲーム」には、いろんな【カースト】がありますが、もしご自身がやるならどの【カースト】をやってみたいですか? またその理由は?

古川)

【ゴス(暗黒系)】の「暗黒系」というのは解釈としてはどういうことなんですか?

榎木)

暗いってことなのかな? 暗黒だし。

古川)

じゃあ俺【ゴス】だわ! 【スラッガー(バカ)】のふりをした【ゴス】です。根暗です。ツライです。でも演じるならゲームに関わりたくないので【フローター(不思議ちゃん)】のカードがちょうどいいかな。

榎木)

僕は【ジャック(キングの親友)】がいいですかね。【キング(王様)】だといろいろ任されそうで面倒くさそうだなと思って。【ジャック】ぐらいだったら特に何の責任も負わずにフラフラしてても怒られなさそう。

古川)

でもキングの親友だから【キング】次第で【ジャック】の仕事量も変わってくるじゃないですか。

榎木)

任されちゃうのか。

古川)

「お前、親友だよね?」みたいな。

榎木)

男性が【クイーン(女王様)】拾うことってあるんですか?

スタッフ)

どうでしょう…? でも確かに男性が拾うこともあるかもですね。

榎木)

じゃあ敢えて【クイーン】を拾って…思いっきり女王様キャラを演じてみたいです!

――全てを投げ出し本気の愛を求める巽と仙崎ですが、「本気で求めている〇〇」を教えてください! またその理由も教えてください。

古川)

サルエルパンツですね。好きなんですよ。最近ほとんどサルエルしか履いてないです。買って、履いて、いいじゃん! となるんですけど、でももっと究極のサルエルパンツがあるはずなんだよな…と思って、あらゆるショッピングサイトで「サルエルパンツ 新着」でずーっと検索しています。もし究極を見つけたら3着くらい買ってしばらく楽しんで…で、もっと究極があるかもしれない! とまた探すんだろうなぁ。

榎木)

究極ですか。僕の場合、究極の…猫ですかね。

古川)

究極の猫?

榎木)

僕は猫アレルギーなので、そういう動物アレルギーが出ないような猫とか犬とか…体にいい究極の動物を探したいです。

古川)

牛とかは体にいいけどね。豚とかビタミンたっぷりだし!

榎木)

食べればね!(笑) 食事じゃないんだなぁ~。ペットとして飼っても大丈夫な、僕の体に合った猫や犬がいれば究極だなって。

――ドラマCD発売を楽しみに待ってくださっているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

古川)

ドラマCD「カーストヘヴン3」から登場させていただきました、仙崎鴨役の古川慎でございます。物語的にも大変面白い作品ですし、個人的にもとても勉強になったCDです。仙崎鴨という人間のちょっと黒いところから無色透明で無邪気なところまで、色々考えて演じさせていただきましたので、ぜひぜひ受け入れてくださればありがたいなと思います。
かつ、これまで「カーストヘヴン」のドラマCDは、第1巻・2巻が発売されていて、我々のカップリングで第3巻になるということで! 3巻で初めて「カーストヘヴン」の世界に踏み入れた方は、ぜひぜひ1巻・2巻も聴いていただき、そして原作にも触れるどころか、愛をドバドバと注ぎ込んでいただければ大変ありがたいなと思っております。これからも何卒よろしくお願いいたします。

榎木)

ドラマCD「カーストヘヴン3」ですが、非常にボリュームがある作品になっていると思います。シナリオ頁数でいうと70枚以上あったので、収録は大変だったんですけども…原作が好きな方にも、原作をまだ読んだことのない方にも、楽しんでいただける作品になったらいいなと思って一生懸命演じさせていただきました。
ドラマCDなので絵はないんですが、原作の絵となるべくすり合わせて演じたり、自分の中で想像を広げて気持ちを込めさせていただきました。原作を読んでる方にも新たな発見があるようなドラマCDになってるんじゃないかなと思いますので、ぜひ多くの方に聴いていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ドラマCD一覧

ドラマCD 「カーストヘヴン3」

ドラマCD 「カーストヘヴン3」
  • 「優等生」が砕け散る。仙崎×巽編
  • 原作:緒川千世
  • CAST:巽/榎木淳弥 仙崎/古川 慎 刈野/小野友樹 梓/内田雄馬 久世/佐藤拓也 あつむ/村瀬 歩 エノ/八代 拓

ドラマCD 「カーストヘヴン2」

ドラマCD 「カーストヘヴン2」
  • 本当の僕が暴かれる…快楽に弱い淫乱ちゃん。久世×あつむ編
  • 原作:緒川千世
  • CAST:あつむ/村瀬 歩 久世/佐藤拓也 梓/内田雄馬 刈野/小野友樹 大須賀/河西健吾 八鳥/新垣樽助

ドラマCD 「カーストヘヴン」

ドラマCD 「カーストヘヴン」
  • 「俺に犯されるか、皆にマワされるか選べ」刈野×梓編
  • 原作:緒川千世
  • CAST:梓/内田雄馬 刈野/小野友樹 あつむ/村瀬 歩 久世/佐藤拓也 巽/榎木淳弥
シリーズ一覧はこちら
作品の感想はこちら
TOP
MENU