INTERVIEW
緒川千世先生ロングインタビュー

手にした札によって、クラス内での自分の階級が決まる「カーストゲーム」。
絶対君主・梓をどん底に突き落としたのは、懐柔していたつもりのかつての取り巻き・刈野だった……。
羨望・嫉妬・欲望渦巻く格差学級で繰り広げられる愛憎劇を描いた「カーストヘヴン」の完結巻が2021年10月8日に発売。累計100万部を超えた衝撃作について、完結した今だから言えることを緒川千世先生にインタビューしました。

前 編

ハッピーエンドにすることは決まっていた

ロングインタビュー画像1

――以前からハッピーエンドだよとSNSなどでおっしゃられていましたが、7巻読了時点ではまだまだ「この展開で本当にハッピーエンドに辿り着くんだろうか」と思ってらっしゃる読者さんがいらっしゃいましたね。

緒川先生)

最初からずっとハッピーエンドを見据えて描いていたのですがあまり信じてもらえてなかったですね(笑)。私は基本的に王道が好きなので、王道な感じで描いていたのですが。

――8巻まで通して読ませていただくと、王道だというのが良くわかります。エノも含め、登場人物が誰一人として闇落ちせず、きちんと社会復帰もしていて、まごうことなき“スーパーミラクルハッピーエンド”でしたね。

緒川先生)

闇落ちは連載作品の終わり方としてはあまり考えないです。短編ならともかく、結末がわからないまま読んで最後に闇落ちするのはあまりにも悲しいので、きちんとした答えを出すつもりでした。

――カーストヘヴンを作り初められた時から、ハッピーエンドというか、正しい王道のゴールを描くという目標があったということですか?

緒川先生)

そうですね。ただ2巻か3巻で終わっていたら「俺たちの戦いはこれからだ!」という終わり方になっていたと思います。

――ゴールとして「このシーンが描きたい!」というのはありましたか?

緒川先生)

梓がキングのカードを燃やすというのは、早い段階から描きたいと考えていました。カーストゲームからの卒業がゴールと1話目で決めていて、その卒業を絵で表すときに、梓が自分からキングを捨てる――そういう絵を描こうと。

――周りから影響を受けて変わるという姿を描くことがゴールだったんでしょうか

緒川先生)

今思えばそうですね。最初と最後は決まっていましたが、真ん中は全く決まっていなくて、あつむと梓が友達のような雰囲気になるところは成り行きでした。梓は刈野との交流の中で変化すると決めてスタートしましたが、あつむや色んな人たちと交流して……というのは初めは考えていませんでした。

――作品を作っていたら自然とこうなっていったんですね。お話を進めていく過程でキャラクターが仲良くなりたいと言いだしてきたという感じでしょうか?

緒川先生)

そうですね、せっかくこれだけキャラクターがいるからたくさん交流させたいな。そのほうが萌えるなと思いました。

――カーストヘヴンの一番の萌えはどこでしょうか?

緒川先生)

いがみ合いつつも惹かれていくところでしょうか。以前にも言いましたが、ヤンキーものや抗争もののライバル関係が好きなんです。敵対関係だけど惹かれ合うというのは萌えますし、作品としても動かしやすいので、ついついそういう感じになりますね。ケンカップル最高です。

ハッピーエンドの定義

――緒川先生にとって、ハッピーエンドとはどう定義されているんでしょうか?

緒川先生)

ハッピーエンドは「生きてこそ」ですね。生きてさえいれば、たとえ一回別れてもまた会えて恋が始まるかもしれない。なのでとりあえず生きて終わると。

担当編集)

いじめとか悲しい目に遭っていると、どうせ自分なんかって、社会から消えることを選びそうな展開も起こり得そうに思うかもしれませんが、カーストヘヴンのキャラクターはみんな最終的には逞しい。どうにかして生存していく!という感じがあるところがすごく好きです。

緒川先生)

作中には描いていないだけで、辛い思いをしている人も、友達や恋人や家族みたいなその人を救ってくれるような人がいたらいいなと思って描いています。

――誰にでもそういう救ってくれる人がいるからこそ、死に向かわない世界なんですね

緒川先生)

そうです。例えば同じカーストでグループを組んで、ちょっと辛さを共有したりしてギリギリのところで救われる世界だといいですね。設定やあらすじを皆さんが読んで思うほど辛い世界ではない。やっぱりみんな愛があってこその、というお話なので。

担当編集)

カーストヘヴンがハッピーエンドだなと思えるのは、自己が確立してない未熟だった登場人物が全員大人への階段を上って、自分の足で立てるようになったところだと思うんです。本当の自分を見つけて、自分の足で歩いて、その上でありのままの自分を自分で承認して、アイデンティティを確立した上で恋をしている。ハッピーエンドってこういうことだと思います。エノもラストに1コマだけ出てくるんですが、グッときますね。人生を取り返そうとしている人たちの手伝いをしたいって、ものすごい成長だなと思いました。

緒川先生)

カーストヘヴンは刈野と梓の話なので、エノと神楽にどこまでページを割くかは悩みましたが、彼らもこの10年の間で色々と反省して前を向いているんだよっていうのを少し描いておきたいと思いました。ご都合主義なんですけど、そこはご都合主義でいいかな。

エッチは梓と刈野のコミュニケーションの手段の一つ

ロングインタビュー 画像2

――エッチシーンが1冊の中に最低でも3回くらい、多いと1話に1回は入っていますね?

担当編集)

こちらから入れてほしいとお願いしたことはないですが、入れてくださってますね。

緒川先生)

コミックス1冊に1回はセックスシーンが入るようにと考えて描いていました。サービスというか、その方がいいだろうなと。とはいえ、7巻では苦心して半ば義務のような気持ちで入れました。しんどい展開でしたし。

――気軽にエッチをするような距離感ではなかったですよね。自覚がある分だけ気軽にはやれない関係という感じがしました。

緒川先生)

確かにカーストヘヴンはセックスしながらお互いの絆を深めたという部分はあります。特に梓と刈野は素直じゃない、言葉にしない人たちなので、コミュニケーションの手段の一つとしてセックスで距離感を縮めていきましたね。

――エッチがハードだったのは関係性がケンカップルだったからなんでしょうか。

緒川先生)

同じものを描いていると飽きてくるし、カーストヘヴンはずっと制服で場所も学校の中なので、バリエーションが欲しくてハードなシチュエーションやプレイを描いていました。町家で浴衣でエッチするというシーンは純粋に描きたかったので描きました。

――担当さんからこうしてくれと頼んだことはないんですか?

担当編集)

ないです。なので、刈野と梓の気持ちが通じ合っていない、主従SMっぽいところからスタートしたからこそ、8巻の屋上でありのままの2人でエッチをするというシーンが生きたなと思いました。出だしがハードだっただけに、最後にいくにつれピュアラブになるというか、プレイじゃなくなってどんどんやわらかくなっていく。そして最後に8巻アニメイト限定セットの小冊子で愛がほとばしりましたね。初めてのデートというか、初恋同士みたいな感じが最高にときめきました。大半のBLとは逆行する流れなのがすごく好きです。

――先生はそれを意識されていましたか?

緒川先生)

そこまで意識はしていませんでしたが、このカップルはセックスをするよりも手を繋ぐほうがハードルが高いだろうなとは思っていました。

ストーリーが進むにつれて、キャラクターが育っていった

――カーストへヴンは成長譚なんでしょうか?

担当編集)

アイデンティティがどんどん確立されていく漫画だ、という印象はありました。
最初からキャラクターはしっかりできていましたが、どちらかというと設定が強い作品でした。当初、設定の斬新さで売り出していたところが、徐々にキャラクターの内面に移行していった気がします。進むにつれ、先生のキャラクター描写がどんどん深くなってきて、印象的なセリフもたくさん出てきましたよね。

緒川先生)

そうですね、少しずつキャラクターをわかっていった感じはあります。

担当編集)

こんなセリフをよく思いつくな。すごいなと思うことがたくさんあります。

――説明的ではないところが素晴らしいですよね。色んな含蓄があるなと感じるのですが、そういうセリフはどういうきっかけで生まれるのでしょうか?

ロングインタビュー画像3

緒川先生)

めっちゃ考えて絞り出しています(笑)

担当編集)

緒川先生はすごい努力家…! でも本当にこのモノローグがすごいんですよ。「点と点で交わるその度、決して解けない結び目をこれからも結んでいくから」なんて、刈野と梓の関係性にこれ以上的確な言葉はないと思いました。

緒川先生)

これは6巻26話の冒頭とリンクしています。この1ページ目はネームの段階では無かったのですが、打合せで1ページ目に26話のテーマとなるモノローグを入れたほうがいいとなって、その時に真っ黒な中にひもが絡み合っているイメージが沸いて、どうせなら最後にも持ってこようと思いました。

ロングインタビュー画像4

担当編集)

あの扉の比喩がここにかかっているのか。最終話で回収してくるのかって本当に驚きますよね。10年後に久世とあつむが2人で同棲しているのは納得できると思うんですけど、刈野と梓はケンカップルなので、久世とあつむみたいにいつも一緒にいて、同棲しているわけではない。点と点ではなく線や面で接触面多く融合して常に同じ方向に進んでいたら、この10年でどうなった!? ってなりますよね。二人それぞれに進む全然別の道があって、追いかける方と追いかけられる方という関係性があるから点で交わる。二人の関係性ならではの職業チョイスだと思いました。ずっと一緒なわけではない。でも交わる。この距離感が絶妙だなと。

緒川先生)

梓と刈野は、高校を卒業してからもずっとケンカップルでいてほしい。追う方と追われる方という関係でいてほしくて、梓を新聞記者にしました。

担当編集)

職業選択にキャラクターの価値観がよく出ていますよね。この人ならではな説得力があります。これまでのエピソードが活きています。

ロングインタビュー画像5

――BL作品では珍しく、女の子たちも人気がありましたね

担当編集)

BL作品だと女の子の描写はなくても…と言われがちですが、カーストヘヴンではなかったですね。ストーリー都合で動いていない女の子たちでしたし、皆自立して大人になっていって。京子ちゃんは、八鳥とゆかりちゃんの件で傷つくこともありましたが、強くてしなやかでチャーミングな女性に成長していきました。京子、加奈子、由美の3人が仲良くなって10年後もやり取りしているところもグッとくるポイントですね。女の子には女の子の世界があって戦いがあった。そして大人になっていった。ちゃんと全員が成長していく――非常にメッセージ性がある作品だと思います。

――どういう風に成長していくかは決まっていたのでしょうか

緒川先生)

梓は怒りが原動力のキャラクターですが、怒り以外の「優しさ」「他人を受け入れること」を覚えさせようとしました。人間的にそうなったほうがいいでしょう(笑) カーストヘヴンには許すとか、寛容になるとか、人は間違えるけどやり直せるとみたいなテーマも入れようと。

――それは最初に決められていたんでしょうか

緒川先生)

だんだん世間が不寛容になってきていますが、一回失敗したらもうダメというような社会はしんどいし、やり直せる世界を描こうかなと。学生は未熟なのがまだ許されるので、学生ものとしても合っているテーマだと思いました。

――10年後のキャラクターたちは、成長してイイ女・イイ男になっているのでモテるんじゃないでしょうか。

緒川先生)

刈野は外面がいいのでモテそうですが、梓はぶっきらぼうなので怖いと思われるんじゃないかな。

担当編集)

梓は職場でうまくやっている感じがしました。先輩や編集長との関係がよさそうで、いい仕事に就いたのではと。久世は高校の時のイメージのまま大人になっていった感じがしますね。

緒川先生)

久世は大人になってもあつむ中心ですね。一番早く成長したのはあつむでした。

――完結した今なら、始めから終わりまで一気に読めるので、キャラクター達の成長やだんだんピュアになっていく関係性などを楽しんでもらいたいですね。

連載中の思い出

――カーストヘヴン連載中の印象的な思い出はありますか?

緒川先生)

カーストヘヴンの初期のお話なんですが、当時はすべてを説明しなきゃって思ってたんです。でも担当さんにネームを見せるとそういう部分を削られることがよくあって。その時に「BLの読者さんは漫画を読み慣れた人が多いから、すべてを説明しようとしなくてもちゃんとわかってくれる。だから全部説明しなくていい」と言われたのを覚えています。カーストヘヴンは設定的にもきわどいですし、無理やりもある。でもBLの読者さんなら、その線引きとかも理解してもらえると信じて描きました。これからも「読者さんを信じる」ということは忘れてはいけないなと思います。

――伝わっているなと感じますか?

緒川先生)

そうですね。10代の読者さんも多くて、初商業BLがカーストヘヴンだという方もたくさんいらっしゃって「読み始めたときは学生で、彼らと一緒に7年半かかって大人になった」という感想をいただいた時には、私たち大人が抱くよりも、もっとエモーショナルなものを感じて読んでくださったのかなとじーんとしました。

連載中の苦労

――カーストヘヴンを描く上で苦労などはありましたか?

緒川先生)

キャラクターがたくさん登場するので、時系列が重なるエピソードの整合性を考えるのがとても大変でした。特にラスト2話分は、全てのカーストのキャラを登場させつつ関わらせたいと考えたせいで本当にきつかったです。頭がパンクしました(笑)

――読者としては終わりに向かっている感じがとてもドキドキする展開でした

緒川先生)

他に苦労した点としては、1話はネームをまるまる描き直したので時間がなくて大変でした。7巻くらいからはネームにすごく時間がかかるようになりました。後回しにしてしまったことがたくさんあって回収するのが難しかったです。エノ関連のことだったり、カーストゲームの崩壊や刈野のキングからの転落とはどうするかとか――ぼんやりとしたビジョンしかないところに具体性を持たせるのにすごく悩みました。

――その転落の理由として、エノが生まれたんでしょうか

緒川先生)

カーストゲームの役職全員を出すというのは当初から考えていて、せっかくだからまだ出ていない役職の人を引っ搔き回す役にしようと考えてエノを出しました。

担当編集)

プロット段階で見せてくださる展開案には「Aさん視点ではこのようなエピソード描写だが、のちに描写されるBさん視点では、裏で起こっていた出来事が明るみになる」というようなこともしっかりまとめられているんですよ。

緒川先生)

私は1巻分のプロットをまとめて考えるのですが、1枚のシートにした方が情報を整理できるタイプなので、各々のキャラクターの動きや時系列がわかるものを図にして考えていました。最初はテキストだったプロットが途中から画像になりました。担当さんは見づらいかなと思ったんですけど、こうしないと把握しにくくて。

担当編集)

群像劇にはぴったりなやり方でしたね。

実は●●だった!? 裏話

ロングインタビュー画像6

――個性豊かな脇役たちはどういう風に生まれたんでしょうか

緒川先生)

例えばX-BLの『メス堕ちBL』の時は、テーマに沿うことを念頭にキャラクターのカーストや性格を作りました。

担当編集)

中臣と秋尾ですね。この時すでにカーストゲームの実行委員であると決められていましたよね。

緒川先生)

はい。秋尾がカードをたくさん探し出せるのは、実行委員としてカードを置きなれているからという理由です。でもこの設定は私の頭の中だけで終わるかもしれなかったので、短編はこれだけで読めるようにしました。中臣は短編の最後で実行委員になった設定です。実行委員はスカウト制です。

――考えていたけれど出さなかった設定はありますか?

緒川先生)

仙崎とエノが同じ中学という設定がありました。他には、梓のお母さんの10年後とか。お母さんは水商売から足を洗ってお弁当屋さんで働いていて、誠実な彼氏もいる。もしかしたらそのお弁当屋さんには刈野がたまに客としてお弁当を買いに来ているかもしれません。あと部活動ですね。あつむが美術部かなにか……文化祭で展示などをする、文化系の部活に入っているという設定は考えた気がします。他に、梓のバイトネタも何度か入れようとしたんですが入りませんでした。

――確かにバイトはしていそうですよね。

緒川先生)

大昇と梓が初めて夜に会うシーンは、最初は梓がコンビニの深夜アルバイト中に、お客さんに絡まれたところを大昇が助ける、という流れを考えていました。でもスケートボードネタの方が映えるなと思ってそっち路線で行ったらバイトネタが通らなかった。長い夏休みには引っ越し屋のアルバイトをしていて、そこで刈野と出会う……というネタもありましたが、出す機会がありませんでした。

【後編】は11月19日公開予定です。どうぞお楽しみに!

「カーストヘヴン」公式サイト
「カーストヘヴン」公式サイトへ
TOP
MENU